不動産会社で賃貸住宅を探すときの知識

 賃貸住宅とは、賃貸借の契約に基づいて、他人に貸し出すことを目的とした居住用建物全般を指して言います。
一般の方がこの賃貸住宅を借りようとするならば、まず不動産会社に問い合わせをすることが多いでしょう。
不動産会社には、自社で管理している物件を紹介する管理会社と、市場に出回っている多くの物件の仲介を請け負う仲介会社があります。
管理会社に比べ仲介会社は、多くの物件数を持っていますが、こちらの場合は仲介手数料が発生します。
どちらも物件を紹介してくれることに変わりはありませんが、仲介なのか、管理なのかを踏まえつつ、不動産会社とやり取りに臨むことをオススメします。
 また、物件を借りるときには、礼金・敷金・不動産会社への仲介手数料・前家賃などの費用が必要となります。
このうち敷金については、家賃の滞納や、入居者の過失による部屋の汚損や破損があった場合を除けば敷金は退去時に戻ってきます。
 物件を借りようとする際は、まず自分の借りたい条件を書きだしたりして、ちゃんとまとめておくことで、話がスムーズに進み、よい物件を見つけらます。

単純な物件数だけで判断しないこと
不動産会社で賃貸住宅を探すときの知識
賃貸の部屋探しは物件数が落ち着いてからの方がお勧めです
賃貸物件を探すにはどの時期がいいのでしょうか